« 早朝ラン [ JOG 7.9km ] | トップページ | つうこんのいちげき »

2006年2月21日 (火)

Polar S610i使用記(その2)

昨年購入したPolar心拍計(S610i)、約2ヶ月使用してきました。購入直後の感想を以前に記しましたが、それ以降の簡単な使用レポートを記します。

【最大酸素摂取量(VO2MAX)の測定】
個人データとして、最大酸素摂取量を入力します。実際の測定値があれば それを利用しても構いませんが、Polar心拍計の機能として 最大酸素摂取量に相当する OwnIndex を測定することもできます。
OwnIndexの測定方法としては…トランスミッターを装着して 静かな環境にて横臥し、リストレシーバーにて Performance Test を開始するだけ。5分ほど経過すると、OwnIndexを得ることができます。
昨年12月、試しに2回測定してみましたが、わたしの測定値は1回目:49、2回目52。人間ドックの体力測定で得た値(64.8)と大きな差があります。これは人間ドックではエアロバイクを12分こぎ続けて得た値、Polar心拍計では安静時で得た値…という違いのためかと。
推測の域を出ませんが、Polar心拍数での測定の場合、安静時心拍数が高い状態だと 測定値も高めにでるのではないか…と。
まぁ、毎回同じような条件で Polar心拍計での測定を続けていけば、トレーニングを積むことにより OwnIndex も上昇するに違いありません。毎日測定する必要はないかと思いますが、定期的に測定するとイイかもしれません。

PCとのデータ転送 や PCソフトウェア(Polar Precision Performance)などについては、次回以降に…。

|

« 早朝ラン [ JOG 7.9km ] | トップページ | つうこんのいちげき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52158/7847925

この記事へのトラックバック一覧です: Polar S610i使用記(その2):

« 早朝ラン [ JOG 7.9km ] | トップページ | つうこんのいちげき »