« 休止!京都元旦ロードレース | トップページ | 高槻シティ国際ハーフマラソン 申し込み »

2004年10月30日 (土)

腕時計型GPS Forerunner201 (その7) [ Pace 16km ]

今日は雨との予報だったので 走らない予定でしたが、朝9時頃 外を見ると雨がやんでいて 空も明るかったので、走ることにしました。
走るコースは 自称:「御所大回りコース」(千本通り-丸太町通り-白川通り-北山通り)+自称:「(京都市東北部)クリーンセンターコース」の合わせて26~27kmです。

今日 Forerunner 201 ( ForeAthlete 201 )で新たに試したのは、「Training Assistant」機能のうち「Virtual Partner」機能です。
"SET DIST AND SPEED"(距離と速度の設定)で、距離を25kmにして 競争相手(Partner)のペースを1km6分に設定しました。
他に"SET DIST AND TIME" や "SET TIME AND SPEED" というパターンの設定ができます。
また、いつもの「Pace Alart」機能も "FAST PACE ALART" を 1km5分30秒、"SLOW PACE ALART" を 1km7分に設定、街中を走るコースで信号待ちがあるので「AUTO PAUSE」機能も ON にしました。

さて、[START]ボタンを押して、出発です。
出発直後、「Virtual Partner」画面が どんな風になっているのか気になったので、いろいろ画面を切り替えましたが、表示されません。
何のことはない、「Virtual Partner」を開始するには、「Virtual Partner」機能の設定(距離・速度・時間)直後に [START]ボタンを押さないとダメなようです。
今まで使っていた「時間-ペース-距離」画面(下図:GARMIN社WEBサンプル画面)での測定とは独立して動作するようです。
「時間-ペース-距離」画面
400mほどロスしたようですが、改めて「Virtual Partner」を開始しました。

下の画面は GARMIN社WEBに載っている「Virtual Partner」サンプル画面です。
画面上部が競争相手、画面真ん中が自分、画面下部が競争相手と自分との距離差です。
この図だと「競争相手より0.35mile先行している」です。(距離系は初期設定でメートル単位にも換えられます)
Virtual Partner

走り出してから4kmくらい、千本通りから丸太町通りへ移ろうとする頃から、雨が降ってきました。
結構きつく降っています。
いまだに咳が治まらない体調なので、今日は自称:「クリーンセンターコース」へは行かないこととしました。

途中、ほとんど 1km5分より速いペースで走っていたので、Pace Alartは鳴りっぱなしです。
雨が降っていましたが、気温はさほど低くなく、寒くて寒くてたまらない…という感じではありませんでした。
まぁ、朝早くということもなく、歩道にはけっこう人がいっぱい歩いていたので、あまり無理なペースにはしませんでした。

ゴール地点に到着したので、まず 通常の「時間-ペース-距離」画面で[STOP]ボタンを押し、その後「END PARTNER RUN」を実行しました。
すると「GOAL NOT MET. YOU HAD 9.28km TO GO.」という画面。
ランナーのアイコンが跪いています。寂しげです。

今日の実際の走行距離は16.1km、走行時間1時間17分55秒、平均スピードは1km4分50秒です。
街中の歩道で これ以上ペースを上げると、歩行者に迷惑がかかるかな。
だとしたら、もうちょっと長い距離を走りたいですね。
次回はぜひ、自称:「クリーンセンターコース」へも足を伸ばしたいところです。

今日走った軌跡は赤線、クリーンセンターコースは青線、その間 鴨川沿いで 約1kmあります。
標高差がかなりあると思われるので、次回は 標高図も掲載しようと思います。

今日のコースでは、途中 京都御所や平安神宮、銀閣寺、修学院離宮の近くを通ります。
クリーンセンターコースは、もうちょっと足を伸ばすと鞍馬寺へ行けます。
観光名所が至るところにあるのは、やっぱり京都ですね。
20041030走行コース

|

« 休止!京都元旦ロードレース | トップページ | 高槻シティ国際ハーフマラソン 申し込み »

コメント

初めてお便りします。
ForeRunner201のレビュー楽しく読ませていただきました。
私も購入を考えています。最初に、私も英語版の方が安いからいいやと思ったのですが、さすがにマイル表示では計算しながら走らないといけないのでつらいなと思いました。ところが、このレビューでマイル-メートルはどちらにでも設定できるとの説明があり、納得です。英語版を購入しようと思います。

投稿: なまけもの | 2004年11月 1日 (月) 21時40分

なまけものさま、こんばんは。

そうですそうです。
単位表記は初期設定[SETTINGS]メニューで変えられます。
[SETTING]→[SET UNIT]で「metric(メートル法)」を選択です。
ご購入の一助になれば…と思います。

投稿: かつしこ | 2004年11月 1日 (月) 21時54分

かつしこ 様:

早速のご助言ありがとうございます。
ずうずうしく、もう一つ分かったら教えてください。
私は今までパルスグラフを使っていました。実際慣れると必要なくなってしまうのですが。かつしこさんがパルスグラフの使用経験がおありかどうかは知りませんが、あれと比べるとやや大きい感じでしょうか。重さもパルスグラフが65gですので20%強重いことになりますね。

投稿: なまけもの | 2004年11月 1日 (月) 22時57分

なまけものさま、おはようございます。
かつしこ@会社です。

私はパルスグラフ、使ったことがありません。
SEIKOのですよね。

よって、パルスグラフとの体感的な差はわかりませんが、
ふつうの時計と比べてみて、一番気になったのは横幅です。
手首を反らそうとすると、GPSに当たるんです。
あと、ちょっと分厚い感じは否めませんね。
重さは ほとんど気になりませんよ(大きさの割には軽く感じます)。

投稿: かつしこ | 2004年11月 2日 (火) 10時25分

かつしこ 様:

いろいろありがとうございました。
つべこべ言わずに使ってみます。

投稿: なまけもの | 2004年11月 2日 (火) 22時38分

なまけものさま、おはようございます。

買うことにしたのですね。
走りをサポートするアイテムですし、まずはガンガン走りましょう。
頑張ってください。

投稿: かつしこ | 2004年11月 3日 (水) 08時49分

かつしこ さん
おひさしぶりです。

Forerunner 201 、すなわち英語版ですがやっときました。
操作は、さわりを理解した程度で早速、土曜日に試運転しました。

まず、装着感はSeiko パルスグラフと比べてもほとんど同じです。どちらかと言うと、Forerunnerの方が軽く感じるような。何しろ今日はルンルンでしたから。形からくるところがあるかもしれません。とにかく、装着は問題なしです。

距離はかなり正確ではないでしょうか。往復20 kmを走りました。Forerunnerの表示の10キロで折り返し、スタート地点に帰ると9.8キロでした。こんなものではないでしょうか。ただし、狭い路地をかくかく曲がったりすると不正確になったりするような気もします。その点、行きと帰りで必ずしも同じような走り方をしていないと思います。また、私の場合何度も橋の下を通っています。橋の下ではGPSが測位できていませんがそのあたりがどう処理されているのかまだ理解していません。速度についてはやや違うかなと思いましたが、距離が正確ならそんなことはないと思います。普通の計測からラップに切り替えると速度が変わったりもしたように思います。まだ、勉強不十分でしょう。

パソコンにRS232Cがなかったので、USBからの変換ケーブルを一緒に購入しました。最初うまく行かなかったのですが、別のドライバーをダウンロードしているうちにうまくいきました。でも、本当の理由はわかっていません。カシミールというのも試してみようと思います。

説明書は簡易版より英語の方が分かりいいですね。でも、上のドライバを探しているうちに、マニュアルの完全日本語版を見つけました。”いいよねっと”というところにPDFがあります。そんなわけで、英語版はちょっとという人も迷わず問題なしとは思います。

なまけものなので週末しか走りません。今日はもう少しマニュアルを理解して走ってみようと思います。ちなみに、今まで自分の負荷から推定していた距離は実際より(Forerunnerでの測定)短いことがわかりました。やっぱり怠け者の証ということでしょう。

とにかく、Forerunner201を買って正解でした。
ご助言ありがとうございました。
お礼と報告まで、

なまけものです

投稿: なまけもの | 2004年11月14日 (日) 12時02分

なまけものさま、こんばんは。
コメントありがとうございます。

実際に装着して走られたのですね。

販売店「いいよねっと」サイトは存じてましたが、そこに日本語マニュアルがあるとは気がつきませんでした。

んで、走った軌跡ですが、これはもう「カシミール3D」の出番ですよ。
データを転送すれば走った軌跡(高低差も)が一目瞭然でわかりますから。
まっすぐな道を走っていても、多少左右にブレているのがわかると思います。
GPS信号が切れたら、その場所もわかりますよ。

カシミール3Dの解説本を買えば、詳細な地図と標高データが手に入りますが、インターネット常時接続環境であれば 無料で「地図閲覧」サービスが使えるので、さしあたっては困ることはないと思います。

これからも、お互い Forerunner片手に 頑張って走り込みましょうね!

投稿: かつしこ | 2004年11月14日 (日) 17時10分

ナマさん vs. バーチャ君

11月14日、さびしがりやのナマさんことなまけものと、無神経で自己中心的なバーチャ君ことバーチャルランナーが対決しました。
ナマさんはいつも一人で走る孤独なランナー。しかし、今日はバーチャ君と一緒に走れるので、うきうき、しかもいつもより気合が入っています。さていよいよスタート。

ナマさんいつもの調子でゆっくりと走り始めました。どこか痛いところはないか確かめながら、少しずつ体を温めていきます。
ところがどうです、そんなことはお構いなしに、バーチャ君はいきなり、普通のペースで走り出しました。ナマさんはどんどん置いていかれます。いつもより早めにスピードを上げるのですが離される一方です。2キロほど行ったところで、すでに200 mの差です。これは参りました。

その先でトンネルに入りました(トンネルと行っても、JRの下をくぐるものです。この近くには「開かずの踏み切り」があるぐらいですから、何本もの線路が走っており、25mぐらいのトンネルです。さあ、このあたりからナマさんも調子が出てきました。トンネルをぬけると、なんとバーチャ君との差が20mぐらいになっているではありませんか。きっとナマさんがトンネルを走っている間、バーチャ君はどこかで休んでいたのでしょう。これはチャンスです。ぐいぐい迫っていきます。

さて、この先は500mほど続く結構な坂です。さすがのナマさんもここでそんなにエネルギーを消費してはいけないので少しペースダウン。しかし、坂なんか一向にお構いなしなのがバーチャ君。まったくペースを変えずにどんどん行きます。これでは、ナマさん差をつけれる一方ですが、どうにもなりません。またまた、200メートルの差です。ここで、ナマさん思いました。帰りのくだりで必ず借りを返してやる。

のぼり坂が終わると公園に入ります。三ッ池公園といって池のある公園で、アップダウンの激しい(楽しい)コースです。走路には大きな木がたくさん生い茂っています。公園に入ってしばらくナマさんは順調に走りました。しかし、突然、バーチャル君が300mも先を行っています。これは一体どうなっているんだ。バーチャルのやつ木がたくさんあるせいで、衛星からの指示を受け取れなくめちゃくちゃな走りをしているに違いない。きっとそのうちばてるさ。ナマさんはそう思ってあせらずマイペースで確実に走っていきます。公園のなかでは近づいたり、離れたり、やはりバーチャ君はめちゃくちゃやっているようでした。

さて、公園を出て帰りの下りです。いつもは足をいたわって下りは無理をしないナマさんですが、今日はそんなことは言っておられません。往きの仕返しです。さすがナマさんぐんぐん差を縮めます。あと150mです。木とかなく、直線を走っているときはバーチャ君は衛生からの指示をきちんと守って走っているようです。そういう時は、ナマさんも計算しやすく、確実に追い詰める走りができます。しかし、帰り着くまでに追いつけるだろうか。ナマさん、少し心配になりました。

信号を渡って、工場のかどを曲がりました。突然、バーチャ君が目の前にいます。いったいこれはどうした。トイレにでもいってたのだろうか。まあいいや、これはチャンス、あと1.5キロ、ナマさんぐんぐんスピードをあげ、あっという間に追い抜いてしまいました。さらに鎖を広げ、ゴールしたときは90mの差をつけていました。してやったりのナマさんです。ちなみに、今日のコースはアップダウンの激しい16.3キロでした。ナマさんとしては、この次は空のよく見える直線コースでバーチャ君と再び対決しようと決心しました。

そんなわけでした。オートストップの設定とかによって、バーチャルランナーとの距離はいろいろ変わってくるように思います。急角度で曲がったり、戻ったりするところではかなり不正確ですが、直線では正確ではないかと思いました。ちなみにナマさんは50才、男性。単身赴任中。マラソン歴10年。フルマラソンの目標記録を「1時間遅れの世界記録」としています。一度は世界記録を樹立したものの現在の世界記録が出たところで抜かれてしまいました。おまけに、今年は転職したこともあり、レースには参加できず。世界記録達成に赤信号がともり始めました。現在住んでいるのは横浜市鶴見区。鶴見川沿いと三ッ池公園がランニングコースです。本当の自宅は田舎にあり、自然の中を走るたくさんのコースがあります。今度帰ったときにForerunnerで走るのが楽しみです。

投稿: なまけもの | 2004年11月15日 (月) 22時23分

こんばんは。かつしこです。

私にも なまけものさまの様な
記憶力と文書作成力が欲しいです。

フルマラソンを世界記録プラス一時間くらいで走る…
ってことは、私と同じくらいですね。

さて、Logbookも使ってみませんか?
ランニング日記のできあがりですよ。

投稿: かつしこ | 2004年11月16日 (火) 21時06分

きょうはバーチャ君の他にも・・・・

先日の土日は来客があって11キロしか走れませんでした。ウィークエンドランナーにとってこういうのは致命的です。
とは言え、娘がやって来たので楽しい週末でした。
そこで、今日は久しぶりに25キロ走にしました。小春日和のすがすがしい天気です。 バーチャ君には5'20"/キロでお願いしました。正午前スタート。スタート直後、あいかわらずバーチャ君は先に行ってしまいます。でも、今日はバーチャ君はゆっくりめですのでそんなに差はつきません。2キロ過ぎにはバーチャ君にならび追い抜いていきました。その先、長いトンネルです。トンネルを出るといっきに差が40メートルぐらい広がっています。想像ですが、トンネルの中はGPSからの信号を受けられないバーチャ君は止まってしまっているのではないでしょうか。トンネルを出ると、私の位置は時計が止まっているのにいっきに進んでいるので(トンネルの長さぶん)それだけいっきに差を広げたことになるような気がします。今日のコースは鶴見川河口から500m付近の自宅から、鶴見川をずっとさかのぼるコースです。それからも、少しずつバーチャ君との差を広げていきました。11キロ付近では400mの差がついています。ふっと見ると、土手の前方(私は土手の下のいわゆる河川敷の広い道を走っていました)からゼッケンをつけたおじいさんが走ってきます。「へー、このおじいさんは練習でもゼッケンを着けて走るんだ」なんて思いながら進んでいきました。すると、さらにゼッケンをつけた5-6人の集団がやってきます。「ははー、これはマラソン大会なんだ」とようやく分かりました。結構りっぱな足の持ち主なのに歩いたりしている人もいます。暑いからしんどいかなと思いながら進んでいきました。私の予定の折り返しもまもなくです(12.5キロ)。12キロ付近で河川敷がなくなり土手に上がってしまうようになっています。なんと、そこはたくさんのランナーたちが走っています。そうです、完全にマラソン大会のコースに入ってしまったのです。皆かなりばてばての人たちなので、どんどん追い抜いていきます。ゼッケンには「第13回横浜フルマラソン」と書いてありました。ようやく合点です。私の折り返し地点と、マラソンの折り返しが偶然にもほとんど同じ場所のようです。さすがに、コースの折り返しに入っていくのは気が引けたので少し手前で折り返しました。12.54キロでした。後で調べてみると、このマラソンの出発は9:00でした。どうもこの折り返しは30キロ地点のようです。この地点で、スタートから4時間近くかかってる人のようです。この調子だと5時間は超えそうで、6時間の制限には何とか間に合うのかなっていう感じでした。ちょっと躊躇したのですが、一人のランナーに声をかけました。「フルマラソンですか?」「頑張ってください」。それから1キロほどたくさんのランナーの方と走り、別れをつげました。

マラソンコースを一緒に走っているとなぜだかペースもやや上がっていたようです。ランナーがいなくなると急に寂しくなりました。たのみのバーチャ君もはるか後方600メートルでほとんど見えなくなってしまいました。今日は本当にすばらしい天気です。対岸をみるとたくさんの人が土手の斜面で日向ぼっこをしています。亀の甲羅干しと何が違うんだろうなんて思いながら走りました。17キロ付近から、少し退屈でだれてきましたが、バーチャ君との差が少しずつ広がるのを糧に走りぬきました。家に着くとバーチャ君との差は1キロを超えており、平均速度は5'05"でした。平地で、障害物がなければ調子よく測れるようです。

今日もくだらないことを書いてしまいました。でも、大会のコースに入ってしまうなんて奇遇でした。かなり初心者対象の大会だったようですね。さて、東京国際女子マラソン、千葉国際駅伝といよいよマラソンシーズンの幕開けですね。もう2週間もすれば福岡国際ですね。何年か前、藤田が日本新を出したときはかなり興奮してしまったのを覚えています。最近国内でなかなかそういうレースが見れませんね。

なまけもの

投稿: なまけもの | 2004年11月23日 (火) 20時33分

なまけものさま、こんにちは。
かつしこ@会社です。

走りやすくなってきたこの時期、Forerunnner片手に走り込んでいるのですね。
羨ましいです。わたしはあと2週間ほど(?)安静です。
なまけものさまのレポートや 他のランナーのブログを拝読するたび、正直 気が焦ります。

こういう状態なので 観るしかできないのですが、生放送を観るのもまたイイモンですねぇ。
折角ですから、国内の大会で わくわくするようなレースを観たいモノです。

投稿: かつしこ | 2004年11月26日 (金) 12時41分

初めまして。私もなまけものさん同様、鶴見川を主に走っているランナーです。(もっと上流を走っているのですれ違っていることはないでしょうが)

先日のニューヨークマラソンに参加した時、Forerunner を知りましたが、日本で動作するかどうか分からなかったので購入を見送りました。

しかし、かつしこさんのサイトのおかげで、アメリカで購入した物でも日本で動作しそうだと思ったので、アメリカから通販で買いました。円高なので送料込みで 19,000円ぐらいと、日本で買うよりちょっとお得でした。(もっと安い店も幾つかあったのですが、海外に発送してくれず)

まだ使い始めて2日ですが、ちょっとインタフェイスが分かりにくくて直感的に使えないところもありますが、大変便利ですね。

これもかつしこさんのサイトで情報を得られたお陰です。ありがとうございました。

投稿: ny | 2004年12月10日 (金) 10時10分

nyさま、こんにちは。かつしこ@会社です。

NewYorkマラソン参加されたんですね。うらやましいです。
たしかに インターフェイスというか、メニュー構成がわかりにくいですね。
慣れの問題かもしれないのですが、▲▼ボタンでのメニュー項目の移動は、ちょっとまごつきますね。

なにはともあれ、お役に立てて良かったです。
頑張って走り込みましょう!

投稿: かつしこ | 2004年12月10日 (金) 14時14分

こんにちは。週末に、かつしこさんの説明を参考にして、バーチャルパートナーを7分/km、速度警告を6分30秒に設定して、普段走ってるコースでLSDをやってみました。

キロ7分のペースは体に染み付いてないので、しょっちゅう警告がなってしまいましたが、結局 26km を平均6分58秒で走れました。なんて便利な機械なんだろうと感動しました。

その後、かつしこさんに教えてもらったカシミール3Dで地図上に展開してみて、さらに感動。

あんまり感動したので、妻へのクリスマスプレゼント用に
もうひとつ注文しました。

前に19,000 円と書きましたが、168 ドルなので17,000 円でした。しかし、どうせなら2個いっぺんに注文してれば、送料40ドルが浮いたのに。バラバラに注文したせいで4000円も損しちゃいました。

投稿: ny | 2004年12月12日 (日) 22時39分

nyさま、こんばんは。かつしこ@自宅です。

奥様へのプレゼントですか。
夫婦揃ってランナーとはうらやましいです。
なによりマメですね~。いやはや。(^^)

データが記録されるのですから、一人一個 持つ方がイイでしょうね。

しかしまぁ、円高の現在、送料込みでもお安いですね。
2コ同時注文だと、日本の販売店で 日本語版ForeAthlete購入するのに比べて、(極端な話)半額程度ですかぁ。
凄いなぁ。

投稿: かつしこ | 2004年12月13日 (月) 20時47分

かつしこさん、復帰されましたか。
ちょっと遠慮がちに投稿しませんでした。
その間に、nyさん、はじめまして。
鶴見川、そんなに上流ですか?きっと環境がよいのでしょうね。

Forerunnerを使うようになって、明らかに練習のスピードが上がりました。私の場合、そんなにマジに走るつもりはないのですが、ついついバーチャ君との競争になります。先週末田舎(広島県北部)の走りを満喫しました。かつてよく走っていた山を走りました。まだ調べていませんが、どれぐらいの標高差があったのか楽しみです。また、田舎のコースをカシミールで確かめるのも楽しみです。既知の距離と、Forerunnerの測定を比べましたが、障害物のないところはかなり正確です。

投稿: なまけもの | 2004年12月13日 (月) 23時33分

かつしこさん

マメというか、貸してくれと言われたので、データのことがあるのであまり貸したくなかったというのもあって。

ちなみに唐突ですが、私も同じ業界人でして、東京系の会社の法務部勤務です。

なまけものさん

私は鶴見川河口から 20km 近辺を走っています。この辺りは土手の上のサイクリング道路を走ることになります。下流方面は綱島手前までで、そこから先に行ったことがありません。いつもそこから早淵川という支流に入って戻る 26km コースを走っているもので。

投稿: ny | 2004年12月14日 (火) 09時49分

かつしこ@自宅です。こんばんは。

>なまけものさま
年内一杯 じっとしておいて、年明け早々より ランニング開始予定です。
「障害物」ですが、どういうところが不正確になりやすいか、傾向がつかめるといいですね。
私が感じたのは、街中でも 街路樹が覆い茂っているところは「GPS信号が弱いぞよ」というメッセージが出てきました。

>nyさま
LogBookに取り込むときは ユーザー選択できるみたいですが、ForeAthleteそのものは1ユーザー管理ですから、やっぱり一人に一台モノですね。

同じ業界ですか…。
合併やら規制当局の締め付け(?)やらで、昔ほど安泰な業界ではなくなってきましたね。
しみじみ。

投稿: かつしこ | 2004年12月14日 (火) 18時54分

お久しぶりです。

その後、中国は杭州の西湖の周りのランニングや
ラスベガス・フルマラソンでも使ってみました。
どこに行っても使えて便利です。買って良かった。

ただ、まだカシミール3Dで使用可能な、中国とアメリカの
無料の地図は入手できてません。アメリカはどうやら
あるようですが、中国はないかな。

ちなみに心拍計もついた 301 という上位機種が出たようですね。
ちょっと悔しい。
http://www.garmin.com/products/forerunner301/

投稿: ny | 2005年2月25日 (金) 16時49分

nyさま、お久しぶりです。
ワールドワイドに使ってらっしゃいますね。
GPSのG=Globalなので その単語通りですが、全世界で使えるのは便利ですよね。

301は気になってますが、201とお安い心拍計を買うより 日本円にして1万円ほど(そこまでいかないかな)高そうですね。
ただ、わたしみたいな「左腕:Forerunner 右腕:心拍計」のスタイルよりは スマートですね。
いいなぁ。

投稿: かつしこ | 2005年2月26日 (土) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52158/1810237

この記事へのトラックバック一覧です: 腕時計型GPS Forerunner201 (その7) [ Pace 16km ]:

« 休止!京都元旦ロードレース | トップページ | 高槻シティ国際ハーフマラソン 申し込み »