« 水中ビデオ撮影会に申し込む | トップページ | 京都鴨川おこしやすマラソン 出場断念 »

2004年9月21日 (火)

GPS腕時計 Forerunner201 (その1)

先日紹介したGARMIN社製の Forerunner201 が到着しました。
私は 楽天市場内の「パソコンGPSショップ」というところで、「Forerunner201 2m L型プラグ付」を購入しました。
本体のほか、充電器・データ通信ケーブル(RS232C)・英文説明書・日本語説明書が同梱されていました。
「充電器」ということからわかりますが、電池式ではありません。
また、腰などにつけるトランスミッターもありません。
ただし その分、本体は大きめです(横8cm×縦4cm×厚さ1.5cm)。
ちょい小さめの腕時計4個ぶん(横に2個×厚さも2個)、というのは 言い過ぎかな。
さほど重たくはありません。

【Forerunnner201外観】
Forerunner201外観

充電器は 電源ケーブルを介してAC電源に繋ぎますが、
データ通信ケーブル(RS-232C)を接続するコネクタもあります。
充電ができて データ転送もできる、PalmなどのPDAでいう「クレードル」のような感じです。

まず、充電器をPCに繋がない状態で、本体を充電しました。
フル充電になると "BATTERY CHARGING COMPLETE" という表示が出ます。
2時間程度かかりました。フル充電で15時間使用できるそうです。

充電後 電源ボタンを押すと、GPSの測位が始まります。
測位は頭上が開けた屋外で行うように、と 日本語マニュアルには記されています。
我が家の場合、完全に頭上が開けてませんが ベランダの物干し竿にかけておきました。
測位には 4分かかりました。
マニュアルによると、次回以降は 15~30秒程度で測位が終わるようです。

次に、充電器をPCに接続して PCからデータをダウンロードできるかどうかを試しました。
Forerunner自体にも 履歴管理機能はあるらしいです。
ですが、PC上でグラフ表示できたり…と、Forerunner単体で使うより イイことがありそうです。
これには事前準備として、PCソフトウェアをGETしておくことが必要です。
あと、PCの RS-232C端子(いわゆる シリアルポート…ってやつです)の確保も。
  # 最近のPC、特にノートPCは、パラレルやシリアル等のポートが無くなり
  # すべてUSB化しつつあるので、注意が必要かもしれません。

PCソフトウェアは、
日本語マニュアルには記されていないのですが(英語版には書かれている)、
GARMIN社 WEBサイト内 Forerunner201商品ページ中の
"Forerunner 201 Logbook software now available. " リンクをたどり、ダウンロードします。
  # このページではファームウェアも公開されています。
  # 機能追加などはファームのバージョンアップで可能なのかもしれません。
実行形式ファイルのファイルがGETできたら、コレを実行してPCにセットアップします。

その後、充電器に接続したデータケーブルを PC本体に接続します。
私のPC(自作機)には RS-232C端子が1個あるのですが、ほかで使っているので
RS-232C端子を増設しました。
マザーボード(ASUSTek社 CUCL2-C)に増設用のRS-232C端子一式があるのを思いだし、
ほぼ1年ぶりに PCの筐体を空け、端子一式のケーブル側をマザーボードに接続、
端子側を 筐体のPCIの空きスロットへ出して RS-232C端子を増設しました。

PCの電源を入れ WinXPにログオンし、充電器にForerunnerをセットして
先ほどインストールしたソフトウェア(Forerunner Logbook)を起動しますが、
Forerunnerを認識していない旨のメッセージボックスが出ました。
「はて、RS-232Cのリソース(IRQ)の割り当てが悪かったのかな?」など、
昔のPC自作時代の苦労を思い出しましたが、PCの設定そのものには問題なし。
そこで「困った時の検索エンジン」、
googleで”Forerunner201”をキーワードに検索すると、以下のようなQ&Aがありました。
 [Q] Forerunner201がPC側から認識されませんが?
 [A] コネクタを 充電器に思いっきり力を入れて差し込むと、奥まで刺さり 認識されました。
私の場合もどうやら、コレに当てはまったようです。

再度 Forerunner Logbookを起動すると、
ユーザー名を入力するダイアログが出てきました。
めでたしです。

【Forerunner Logbookのスナップショット】
Forerunner Logbook

実際の使用レポートは、後日です。

|

« 水中ビデオ撮影会に申し込む | トップページ | 京都鴨川おこしやすマラソン 出場断念 »

コメント

たたた、助かりました!(機械の認識について)

ForeAthlete201が届いたので、使う前にとりあえずつないでみよう…と思ったら、GPSの電源が入ってないとかそんなことを言われて、そんな、PCを感度のいいところに移動しろというのか…と思いつつとりあえず検索したら、その「コネクタを充電器に思いっきり力を入れて差し込む」が正解でした。

すみません、三ヶ月も前の記事に。

投稿: ukt | 2004年12月11日 (土) 15時46分

uktさま、こんばんは。かつしこです。

古い記事にでもコメントいただけて、ありがとうございます。

記事にはそれほど詳しく記していませんが、認識するまで 結構 四苦八苦しました。
タワー型のパソコン(けっこう重い)をパソコンデスクから上げ下ろしすること数回、パソコンの筐体を開けること数回、その間に あちこちに切り傷・擦り傷を作りました。
それなりに暑い時期だったので、汗びっしょりになった…という記憶があります。

何はともあれ、お役に立てたようで 何よりです。

投稿: かつしこ | 2004年12月11日 (土) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52158/1486082

この記事へのトラックバック一覧です: GPS腕時計 Forerunner201 (その1):

» 1/13の練習 - ★ポイント練習 [フィフティワンフィフティ]
メニュー:坂道ダッシュ 230m×5、ショートインターバル 500m×2(1'54-1'51) トレーニング総時間:54min. 走行距離:10km 通販で昨... [続きを読む]

受信: 2005年1月14日 (金) 00時34分

« 水中ビデオ撮影会に申し込む | トップページ | 京都鴨川おこしやすマラソン 出場断念 »